海外FXキャッシュバックを使ってみた


まずは海外FXのおさらい

前回の記事にも書いたように、今年のトレードはすべて海外FX会社で行っている。前回勧めたのはボーナスキャンペーンのこともあって Axioryだったが、これを書いている現時点で使っているのはその AxioryTradeviewの2社。AxioryはMT4のナノスプレッド口座、TradeviewはcTrader口座を使っている。2社の違いは取引手数料(実質スプレッド。Tradeviewの方が安い)を除けばロスカットの証拠金維持率がAxioryは20%、Tradeviewは100%ということぐらい。この違いが大きいかというと実はそうでもない。ロスカット20%というのは少ない証拠金(トレード資金)でハイレバでポジションを取るときに有効という気がするが、それは証拠金がよほど少ないときであり、現実的には証拠金維持率が100%を割るようなトレードをすることはほとんどないからだ。それはゼロカットシステム(追証がない)も同じようなことが言えるが、実際のトレードで維持率が20%まで粘るということは証拠金を全部飛ばしてもしょうがないというレベルのトレードをするということで、端的に言えばそれはもはやヤケクソになったトレードと言える。なので、日常的なトレードの範囲では例えレバレッジ400倍の口座を使っていてもロスカット100%で十分。

そんなこともあって最近は徐々に取引手数料の安いTradeviewをメインにしつつある。いずれにしろ、秒単位のスキャルピングをするのであれば実質スプレッドの狭い国内FX会社の方が圧倒的に有利なのだが、そうじゃなければレバレッジの高い海外FX会社の方が証拠金が少なくて済むので証拠金維持率を高く保てるからポジションが気軽に持てる。分割してポジションを構築するデイトレードをする場合には海外FX会社を使った方がポジションを取るのに躊躇しないし、いざというときに証拠金が足りないという事態を防げる。なので、資金100万円の国内口座よりも資金20万の海外口座の方がポジションを持つ余裕があるという不思議な事態になる。


海外FXキャッシュバックを使ってみた

ちょっと遅きに失した感はあるが、海外FXには取引ごとにキャッシュバックしてくれる会社があるので使ってみた。キャッシュバックといっても要はアフィリエイトによるリベートを分配しているだけである。要するにお裾分けしてもらうシステムなのだが、実際問題として取引手数料が安くなる、つまり実質スプレッドが狭くなるということなので、取引すればするほどキャッシュバック会社が儲かっちゃうということはともかくとして自分が払った取引手数料の一部が戻ってくるわけだから使わない手はない。

海外FXのキャッシュバックを行っている会社はいくつもあるが、もっともキャッシュバック率が高くて代表的な会社は2社しかないので、ほぼ二択である。それはFXRoyalCashBackTariTali。この2社はキャッシュバック率がまったく同じなのでどちらを選んでも構わない。

とりあえず自分はまずFXRoyalCashBackの方から使ってみた。というのも、前述のようにキャッシュバック率は同じなのだがRoyalCashBackの方がユーザーボーナス1,000円、キャンペーンボーナス10,000円(10lot取引が条件)がもらえるから。そんなわけでまずはキャンペーンボーナスがもらえるまでせっせとトレードしている。TariTaliにはこういったボーナスはない。

とはいうものの、FXRoyalCashBackTariTaliにはそれ以外にも違いがあった。まずはキャッシュバックの還元時期だが、RoyalCashBackは翌月20日に前月分をまとめて還元、一方のTariTaliはもっと早く、Axioryでは翌日、Tradeviewなら1時間以内(ただしcTrader口座は翌月10日前後)。それと最低出金額がRoyalCashBackは5,000円(出金手数料500円 無料)だがTariTaliは国内銀行振込の場合1,500円(出金手数料無料。ちなみにbitwalletの場合も手数料無料)。これは地味にじわじわと効いてくる。つまりせっかちな人にはTariTaliの方が向いている。もっとせっかちな人向けに、TariTaliの場合はTradeviewなら最初からスプレッドにキャッシュバック還元が反映された口座を持てる。つまりリアルタイムにキャッシュバックをもらえる。

というようなことを踏まえると、とりあえずキャンペーンボーナスをもらったらTariTaliに乗り換えた方が使い勝手がよさそう、ということになる。なのでそうする予定。もっとも、キャッシュバックが反映されたTradeviewの低スプレッド口座にするともらった感は感覚的に少なくなるかもしれないが……。

1月の末にキャッシュバック口座を始めて、先日ようやっと1月分のキャッシュバックがついた。1,756円。このうち1000円はユーザーボーナスなので、4日ばかりトレードした分のキャッシュバックは756円。こんなもんなのかなあという金額だが、この間どれだけの量をトレードしたかというとそれほどでもない。月あたりで考えると単純計算して5倍すると3,800円ぐらい? そう考えると毎月の格安スマホの料金もしくはがん保険の掛け金あるいはガス代ぐらいにはなる。もっとも、今月は一日20万通貨以上はトレードしているので、もうちょっと金額は増えると思うが。

キャッシュバック率は両社まったく同じなので比較という比較はできない。参考までにAxioryのMT4ナノスプレッド口座で1ロット(10万通貨)あたり1.6ドル(cTraderで0.8ドル)、Tradeviewの場合はILC口座(ECN口座)、cTrader口座ともに2ドル。スプレッドはほぼ同じで取引手数料はTradeviewの方が安いので、こうしてみてもTradeviewをメインにした方が有利。

ちなみにキャッシュバック率がもっともいいのはXMでスタンダード口座で8ドル、ZERO口座(ECN口座)で4ドルだが、如何せんXMはスタンダード口座のスプレッドは広くZERO口座は取引手数料が高い(往復10ドル)。ただしXMはXMPという独自のポイントバックの制度があるので、XMPのランクが最高になったとしてそれを全部含めると実質スプレッドはドル円・ユーロドルで0.2ピップスと驚異的に狭くなる。もちろん、そのためにはXMをメイン口座にして取引し続けなければならない。


結論

というようなことをすべて踏まえると、海外FXでキャッシュバックを使う場合、まずFXRoyalCashBackでユーザーボーナスとキャンペーンボーナスをもらう→ボーナスをもらったらとっととTariTaliに乗り換える、というのが一番いい。

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

個人的には最終的にはTradeviewのcTrader口座とILC口座をメインにするつもり。キャッシュバックはTariTaliで。最初からキャッシュバックされている低スプレッド口座にするかも。

ただ、Tradeviewの初回最低入金額は10万円なので、サポート等も考えると初めて海外FX会社を使う人には相変わらず Axioryをすすめたい。

キャッシュバックを最大限に生かしてもっとも有利な条件でトレードしたいというのであれば、ドル円とユーロドルがメインの人だったらXMのスタンダード口座を使い倒す、というのがいいかも。ただしドル円とユーロドル以外はそれほど有利ではない。それとキャッシュバック口座では入金ボーナスはつかないのでご注意。XMのスタンダード口座はスプレッドが広いので、キャッシュバックされるまでのリアルタイムの取引ではメンタル的にきついと思うが……。

カテゴリー: FX, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。