大江健三郎」タグアーカイブ

大江健三郎「個人的な体験」

僕は大江健三郎とか安部公房とかこの時代の作家がとても好きで、安部公房はほとんど読んでいるし、大江に関しては初期の作品を愛読してはいたのだけれど、彼の長男(光)が生まれて以降の作品に関してはずっと二の足を踏んできた。ありふ … 続きを読む

カテゴリー: | タグ: , | コメントする