ボラ

6月16日、木曜日。

11時11分起床。というのも、昨夜ようやくヤマザキと連絡がついて、例によって曲の打ち合わせそっちのけで延々と世間話をして深更まで長電話をしてしまい、寝たのが3時過ぎだったのでしょうがない。

日中はトレードも、朝食後にはもう昼で相場が一番動かない時間帯だったので、いつからエントリーするかが問題だった。今日はようやくスキャルピングに徹する。しかしとにかく今週はボラティリティが高く、やたらと大きく動くので下手をすると先日のようにボラティリティ負けを喫してしまうので、一時的に逆行したときにストップを決めるのが難しい。とは言ってもスキャルピングなので売りの場合だったら直近高値をストップの目安にするしかないのだが。

で、午後になってどうも最初に想定したのとは違いそうだというのでひたすらユーロドルの戻り売りをちまちまと。そんなこんなで夕方近くなり、トイレに行ってふと考えたのは、明日の日銀政策決定会合でいまさら円安誘導をやるとはとても思えない、ということだった。せいぜいが現状維持で、何かやるとすれば円高に動く方向にしかやれないのではないかと。とすると今からドル円を売り始めてもいいのかな? とか思って書斎に戻ると、なんと日本以外の先進国で唯一マイナス金利だったスイスが利上げ、その影響でドル円が爆下げしていてびっくり。要するに考えることは皆同じというわけだ。ドル円は夕方だけで2円ぐらい下げるという大下落。結局まったく乗れなかったわけだけれども、前述のように今はボラティリティが高すぎるのと特にドル円は注文が薄くてレンジ幅の想定がやたらと難しく、迂闊に手を出せなかった。

夕方、昨日ドラムだけミックスしたバンドの新曲2曲のファイルを書き出してバンドのLINEに上げた。で、夕食後はもう1曲殴り書きした譜面がある曲を試しにCubaseを立ち上げてドラムから順番に簡単に打ち込んで、ワンコーラスだけギターまで入れた。その間もときどきレートパネルを見てはちまちまとトレードして、なんだかんだ気がつくと夜には一応ノルマ達成。なんとかなるもんだなと思う。しかしその後のユーロの爆上げにはびっくり。そのまま戻り売りを繰り返していたら死んでた……。

明日は朝町内会のごみ当番。なので今日はあまり夜更かしもできない。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。