What’s up?

8時起床。朝起きたときから物凄く疲れている。昨日の法要をひとつこなしただけでそんなに疲れたのだろうか。

今日は自分の病院の日、朝食後はBSでW杯予選、日本×イラクの再放送を見て、11時過ぎに病院に向かう。血液検査を済ませ、予約は1時なのでロビーでうとうとして待つ。1時半近くにようやく呼ばれて、最近の体調不良を訴えたけれど、今かかっているのはリンパ腫の予後観察なので血液担当の医師、他の科を紹介しようかと言われたけれど待つのも通うのも大変なので、近所の内科で診てもらうことに。しかし、今度の予約は2ヶ月後ということだし、こっちの血液検査はCRP(炎症反応)も調べてくれないので、以前の帝京大学病院と比べると何かと不安はある。

病院内のスタバで昼食を買い、車の中で食べながら帰る。帰途、セルフのスタンドでガソリンを入れる。ようやく若干ながら値下がりしていた。一旦帰宅しようかどうか迷ったけれど結局そのまま業務に直行、6時ごろに母の病院へ。毎回書いているけれど、母はびっくりするくらいによくなっている。今日辺りの表情は以前とそれほど変わりなく、ときおり笑みまで浮かべる。医師の許可を得たので、また一時帰宅するということになり、今週中のどこか、また天気のよさそうな頃合いを見計らって連れて帰ろうと思う。

そういえば病院で待っている間、実に久しぶりに元妻に電話してみたら繋がった。父が亡くなったことなどこちらの事情を話したのち、夕方に向こうからかかってきたので今度は彼女の状況を聞いてみるとびっくり、(新しい)ご主人が仕事を辞めて無職の主夫になり、彼女ひとりが働いているのだと言う。それでは僕と結婚していたときと変わらないではないかと言うと、そうなのよ、と彼女は言う。なんていうか、元妻も男運がない。

夜は相変わらず精神的に煮詰まる。が、それよりも極度の疲労を覚えて、NHKの「プロフェッショナル」の本田圭佑の特集を見ながらまた寝入ってしまった。昨夜は学生時代のサークルの後輩の女子が、癌が再発して余命いくばくもないということを医師に宣告されたということをFacebookでカミングアウトしていた。僕はちょうど1年ほど前、自分が癌を宣告されたころを思い出した。で、4月に治療のために入院していたころを思い出した。あのころも、その後の通院治療していたころも、果たして自分は治るのかどうなのか、一体どれぐらい生きられるものなのか、よく分からない状態だったけれど、考えてみるとあのころの方が今よりも生きることがずっと楽だった。治療することしか選択の余地がないので迷いようがないということもあったけれど、それだけではなくて、些細なことであっても生きる喜びというものがあったような気がする。今はそういった喜びがストレスにとって代わってしまっている。ただひたすら疲弊して摩耗して。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。