更新報告、東アジアカップ、そして疲れる

午前中、母が美容院に行っている間に昨日消滅した記事を書き直してアップ。そんなわけで、「うつ病とはなにか (2)」。日本の精神医療の問題について。

日中は蒸し暑かった。予報では午後から晴れるということだったが、逆に夕方になってから一雨。まあお蔭で日が落ちてからは涼しくなった。

1時過ぎ就寝、7時起床。午前中は前述のとおり、午後は最上三十三観音のひとつ、岩木観音に母と行ってきた。

しかし連日の坂道はさすがに応える。母は階段を上るのを断念。

4時に母を病院に戻す。で、来週の8月1日の木曜日に介護調査があるので、出来ればその日に退院させたいという希望を伝えたが、担当医と相談して連絡をくれるとのこと。なんていうか、やっぱり母の手足がむくんでいるのが気になる。心配だ。重篤な病気じゃなければいいが。

で、夜は東アジアカップ、日本×韓国(2-1)を見る。が、スタメンを見て嫌な予感が。また中国戦と同じ先発メンバー。試合が始まってみると、コンディションが上がったのか気持ちを入れ直したのか、試合の入り方はまずまず、と思っていたら案の定、次第に酷い内容に。このメンバーの試合、見ていてストレスが溜まる。パスがまったく繋がらず、蹴っ飛ばすだけのサッカーになってしまう。韓国の放り込みサッカーやってどうする。韓国の方がずっとパスが繋がっていたという。日本のポジショニングとかパスの精度とか酷過ぎ。前回酷かった栗原と駒野はそこそこ挽回しようという気概は見て取れたが、なにしろトップ下の高萩が酷い。事前の、「本田や中村(憲)と違う自分のよさを出したい」と発言していたのがまったくの空回りというか、裏目、何の役にも立っていないだけならまだしも、ひたすら足を引っ張っていた。完全にブレーキ。ま、それ以前に自陣からのボールがまったく当てずっぽうに蹴っていて全部相手に渡ってしまうんだけど。それでも柿谷の2ゴールで結果は優勝、うーん。確かにシュート2本で2ゴールの柿谷の決定力は凄い。しかしなあ、それ以外はほとんど役に立っておらず、実質仕事をしたのは正味1分ぐらいか。昔のガンバにいたエムボマを思い出す。大会MVPが山口って、中国戦よりも今日は酷い出来だったが。謎だ。中国戦のときの日記に下手でもいいから一生懸命やってくれればいいと書いたが、下手過ぎだよ、このチーム。どうせこれなら、柴崎を見てみたかったな……。今大会の収穫は1トップとしての豊田、柿谷、大迫ぐらいか。後は高橋がいつも呼ばれているわけが分かったぐらい。それでも優勝したし、何もないよりはマシな成果はあったか。しかし、肝心の守備陣の収穫はゼロ。

そんなわけで試合後はどっと疲れてしまい、試合前に一念発起して書き始めた音楽紹介の記事の続きを書くモチベーションが失せてしまった。まあ2日続けて坂道を上った疲れももちろんあるだろうが。なんかマジで疲れた。

今日の煙草は20本。相変わらず煙草吸うと眩暈がする。でも吸いたくなる。でも眩暈がする。疲れたから今日も早めに寝るかな。


カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。