金言

12月22日、水曜日。

長い夢を見て起きたのが10時14分なのは、寝たのが遅かったので致し方ない。昨夜激しい雨が降っていたので心配したが、予報に反して今日はほぼ雪は降らなかった。日も落ちた夕方、ほんの少しちらついた程度。考えてみるともう12月の22日なのにここまでまだ一度も除雪車が入っていない。とはいうものの、年末の大寒波という予報がなくなったわけではないので油断はできない。

明後日にはクリスマスなのであまりトレードをやる気もなく、例によって昼をまたいで昼寝。ところが午後になってツイッターのタイムラインでちょっと衝撃的な言葉を見つけてしまった。

いつもフォローしているウディ・アレンのボットなのだが、この発言は初めて見た。で、これこそがまさに自分に必要な言葉なのだと思った。特にトレードに於いて。かねがね自分に足りないのは勇気であると繰り返しここにも書いてきた。自分の勇気をことごとく阻んでいるのはまさに不安そのものなのだった。そんなわけで不安を覚えるようなことこそ価値があるというウディ・アレンの言葉は、しばらくの間座右の銘にしたいくらい目から鱗が落ちるものだった。

とはいうものの、かといって一足飛びに勇気が身につくわけでもなく。トレードは遠慮がちに、しかし前言に後押しされて自分としてはなんていうか肯定的にポジションを取ることができた。まだほんのさわり程度だけれども。

それはともかく。またプラグインを買ってしまった。クリスマスセールで。結局のところ、クリスマスが終わるまではセールは続く。確かに通常よりは激安の価格ではあるのだが、なんだかんだ積もり積もって買い過ぎていることも重々承知している。開き直るようだけれども、もはや自分へのクリスマスプレゼントとして、セールの間は買おうじゃないか、という気分になってしまっている。一応厳選して本当にいいものしか買わない。今日買ったのはコンプレッサーだがモデリングされた実機は現在も販売中で150万以上するもの。無駄にしないように、夕食後の夜、懸命にマニュアルを読む。で、まだヤマザキのファイルが届かないのだが「Main Street」の主にギター中心にミックス作業をする。

それで気がついたんだけれども、Melodyneじゃなくてもギターとかベースのオーディオ編集であればCubase付属のVari Audioで大概のことはやれる。

最近この日記には敢えて書いていなかったけれども、毎日続々と鹿島から移籍していく選手が報じられてそのたびにショックを覚える。今日は永木亮太が湘南に完全移籍するという報道。レオ・シルバは名古屋に、永戸勝也は横浜Fマリノスにそれぞれ完全移籍。まだ確定かどうか確認は取れていないが遠藤康は仙台に移籍しそうだし犬飼智也は浦和という話。確かにチームは劇的に若くはなるけれども、なんだか寂しい話である。

明日は午後母と面会。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。