Wednesday

sport1975
中学の卒業写真。(昨日の日記参照)

11月25日、水曜日。

寒い。今日は全国的に寒かったようで、札幌では62年振りの大雪で40cmも積もったそうだ。今日も図書館に本を返却に出かけた以外は家に篭りっきり、したがって暖房をつけっ放し。今月の電気代は結構かさんだ。寒くなると灯油代もそうだし、光熱費がかさむ。雪国の宿命。

今日は7時間半は寝たので、最近にしては十分に睡眠が取れた方だと思うのだが、それでもやっぱり眠くて午前中台所のテーブルに突っ伏してうとうとしてしまう。一体何時間寝ればちょうどいいのか、さっぱり分からない。寝過ぎると頭痛がするし。

基本的に終日相場。またやってしまった。大チキン。日中はなかなか上手くいかずポジションを積み重ねてはらはらしていたところ夕方になって突如好転、ところが人間というもの、悪いときばかりではなく予想外にいいときもパニクってしまうものである。あまりにも急激に好転したもので、慌てて利食いしてしまった。利食いなら腹五分目でもオーケーとかいうけれど、今日のところは腹四分目ぐらいになってしまった。三分目かな。それでもドル円の方はキープしていたので、こちらは夜中まで引っ張ってそれなりに。結果的には昨日の負けを取り戻して十二分にお釣りが来るぐらいというか、数日分ぐらいのプラスにはなったのだけれど、なんにせよユーロドルをちびったのが痛かった。こういうことだとどうしても大勝ちを逃してしまう。

なんだか今日は週末のような気がずっとしていたのは、明日アメリカが祝日のせいか。

相変わらず世界はきな臭いニュースで溢れている。トルコがロシア機を撃墜したり。どうにも不穏なニュースばかり。今日は原節子の訃報が入ってきたけれど、ツイッターのタイムラインを見ていると毎日何かしらの訃報はあるものだ。

そろそろ寝床で本を読むのも寒くなってきたので、昨夜二階にストーブを持ち込んだのだが、ストーブをつけると暑い。上手くいかないものだ。かといってまだ電気敷布にするほどではないし。下巻に突入したジェイムズ・エルロイの「アンダーワールドUSA」、だんだん読むのがしんどくなってきた。あまりにも簡単に、無残に人が殺され過ぎるし、エルロイの書く話というのはどうにも救いがないというか憎悪に満ち溢れている。

真面目な話、毎日救いがあればいいのだが。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。