失意

2月23日、土曜日。

鹿島 1-2 大分。

スコアや負けたという結果よりも、今日はあれほど待ち兼ねていた開幕戦だというのに鹿島の出来があまりにも酷かったのがショック。先日のACLプレーオフでニューカッスルに4-1という思わぬスコアで勝ってしまったことが逆にメンタル的な隙を生んだのだろうか。よく分からないがとにかくほぼ全員のパフォーマンスが恐ろしく酷かった。守備の要とならなければならないスンヒョンが今日は穴になってしまったし、レオ・シルバと安西は特に酷い出来だった。およそろくにボールも繋げない鹿島を見たのはいつ以来なのか記憶にない。試合前のスタメンを見て、大分は知っている選手が数えるほどしかいなかったので一体どうなることかと思ったが、いざ試合が始まってみると大分の選手はみんな想定外と言っていいほど上手かった。ポゼッションに於いても攻撃に於いても、大分のプレー精度が遥かに勝っていた。逆に言えばそれほど鹿島の個々の選手がミスを連発していたということなのだが。この試合の前に川崎対FC東京の前半を見ていたので、余計に今日の鹿島のプレー精度の低さが目についた。これで優勝だの四冠だのというのはまったくもって笑止。この調子が続くようだったら残留争いをしてもおかしくない。それくらい今日の鹿島は酷かった。

今日もまた朝起きられなかった。8時前に目が覚めて、土曜日だけれど起きてしまおうと思ったのに何故か起きたのは10時30分という。確かに面白い夢は見たのだが。それで今日もまた妙に疲れていて、どうやら昨日酷く疲れていたのが特別だったわけではなく、ただ単に体力が落ちているようだ。Jリーグの試合を見た以外の時間は取引ツールであるMT4のセットアップをひたすらしていた。一度MT4で自動取引ではなく裁量トレード(特にティックチャートを使ったスキャルピング)をしてみたく、そのためのクイック注文ツールをインストールしたりインジケーターをいろいろ試したり。勉強するのはやはり疲れる。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。