疲労の極北

ちょっと疲労と眠気が限界。もう喫水線を超えてるっぽい。尋常じゃない。今日の母はまた調子が悪く、一人にしておけないような状態。夜もなかなか眠ってくれず、睡眠薬を飲ませてやっとさっき眠った。

朝は介護施設の人が来て契約を交わし、来週から週一日、母はデイサービスを受けることになった。その後業務に行くが酷い不ヅキ。で、昨日ラリったのはレキソタンではなくてドグマチールの方だということが判明。というのも、今日は朝の薬を飲むのが遅くなったので、昼食後にドグマチールだけをまず飲んだらまたラリってしまったので。ちょっとびっくりだ。そうだったのか。今日はなんか動悸がするようなそんな感じになった。無理に持ち上げられている感じが逆にきつい。

帰宅して今日も2時間弱ソファで気絶、夕食は車で30分ちょっと行った山の方にある蕎麦屋に。結果的にはこれも疲れる原因になったのかも知れない。

次年子(じねんご)という集落にあるこの蕎麦屋、七兵衛そばは大根おろしのつゆが特徴でメニューはもりそばしかなく、お代わり自由。

写真がブレてて申し訳ない。古い農家を利用したこの店、営業は6時までということでぎりぎりに到着、よって客は僕ら2人だけだった。この店に来たのは去年の11月に帰省したとき以来、そのときは父と3人だったが。

外に出て煙草を一服すると、目の前の自動販売機にカエルが4匹も貼りついていた。

さすがにここまで山の方に来ると空気が明らかに綺麗でおいしい。

それにしても疲れているのだった。半端ない。母は何かとおろおろして僕をすぐに頼って来るし、夜母を風呂に入れているときにはもう疲労も眠気も限界に達していた。そんなわけで少しでも疲れが取れないものかと今日は沐浴。

それはそうと、興味本位生活の方にコメントがあったのでびっくりした。半沢直樹効果抜群。明日の日記のタイトルは意味なく内田篤人にしてみようか。どれぐらいアクセスが増えるものか。

などと軽口を叩いている場合ではないな。このままだと早晩ぶっ倒れるだろう。毎日昼寝してるし。どうしたらいいのだろう。母がもう少し落ち着いてくれないとどうしようもない。

今日の煙草は19本。しかし、あらゆる意味で余裕ないなあ。ホンマにない。


カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。