死闘

9月22日、木曜日。

10時7分起床。とにかく昨日から寒い。今日に至ってはあまりに寒いのでとうとうエアコンの暖房オン。

終日業務も疲れた。今日は日銀の政策金利発表で、例によって現状維持だったが円単位で上がって下がってまた上がってという乱高下。よってドル円はちょっとつまみ食いした程度。以降ユーロドルの戻り売りに徹して夕方までは楽勝だった。今日はもういいかな、旅に出ようかななどと思ったのだが結局続行……異変を感じたのは17時ごろ。なんかユーロドルが担がれているなと思ってふと脇を見ると、ドル円がとんでもなく下落していた。ツイッターを見ると日銀の円買い介入が入ったということ。その後後に引けなくなり売り上がり、ポジションが一杯になって息も絶え絶えに。途中65ピップスぐらい担がれて証拠金維持率が80%を割りマージンコールが。ゼロカット寸前でもはやこれまでかと思ったがすんでのところで生き残り、そこからじりじりと下げ始めるものの、ビッドが強くてダウ平均の下落よりも落ちないのでとんでもなく時間がかかった。まずは21時半の指標まで生き残れるかという思いで延々とレートを凝視、その指標はよかったもののあまり反応せず。あとはニューヨーク市場での下落を待つしかなくなった。その間もドル円は物凄い下落や反発を繰り返し、なんでこんなときにユーロドルを持って固唾を飲んでいるんだろうという気が非常にしたけれども。結局ニューヨーク時間になってようやく下げてきたものの、一気に建値まで落ちてくれず、数回下をトライしたところで4ピップスぐらいで損切り。その後風呂上りにチャートを見たらあと6分待てば一時プラスには転じていたが、今回はしょうがないか。何せ、一時は心肺停止まで行って蘇生したようなものだから。

というわけで夕方からは夜中まで延々と死闘を繰り広げたが、最後の損切りで結局平凡なプラスの一日となった。とにかく疲れたが、生き残れてよかったというのが素直な感想。

明日は日本が休日だし業務は休みたい。彼岸なので天気がよければ墓参りに行こうかと。

追記:今チャート見たらそのままポジション保持していれば楽勝だった……。長期金利見るの忘れてた。相場あるある。介入したのは日銀じゃなくて政府?

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。